自宅で歯を白くする方法は、毎日の歯磨きにホワイトニング用歯磨き粉を使うだけです。

歯を白くする方法は、普通は歯科医院でホワイトニング治療を考えますね。
でも、歯科医院に通うのって大変です。
歯科医院でのホワイトニングをオフィスホワイトニングと呼ぶのですが
大体3~5回は通わないといけません。
1回のホワイトニングで歯は真っ白くなるのですが、反動で直ぐ元に戻ってしまいます。
その上、健康保険が効かないので10万円単位の出費に。
時々格安の歯科医院の話があっても実は最悪。
痛いし辛いし歯は白くならないし・・要は医師の腕がわるいのと設備が古すぎるんです。

自宅でできるホームホワイトニングというものもあります。
コチラは、名医に見て貰えば効果的なんですが???
患者さんの歯に遭った型を作ります。型に薬液を塗って患者さんの歯に固定します。
オフィスホワイトニングに比べれば安いのですが
・最初は薬液が漏れてしまって、物凄く辛い思いをします。
・1回に2時間以上固定しないとダメなんで、他に何もできません。

 

確かに、遺伝的に歯が黒ずんでいたり、虫歯や神経を抜いて歯が黄ばんでいるなら、
こんな苦労に耐えないといけないかもしれません。
でも、タバコのヤニが歯に着いたり、食べ物や飲み物の汚れが歯の表面に付着しただけなら
こんな苦労しなくても 大丈夫です。
毎日の歯磨きをホワイトニングジェル(ホワイトニング用の歯磨き粉)に交換するだけ。
つまり
・時間も
・高額な出費も
・痛みや辛さに耐えなくても
自宅で白い歯を手に入れる事ができるのです。

では、どんなホワイトニング用の歯磨き粉が良いのでしょうか?
・研磨剤が入っていない
・主成分がポリリン酸
・外国製でない
事が最低条件です。
この上で
・金額が安い
・虫歯や歯周病の予防にもなる
・口臭予防にでもある
歯磨き粉が、次の条件です。

これらを考慮した、お勧めのホワイトニング用歯磨き粉はコチラです。

 

・はははのは

5345

商品名 はははのは
「はははのは」の特徴は?

・歯の汚れの原因のステインを削って落とすのではなく
ポリリン酸ナトリウム&メタリン酸ナトリウムを使って
・歯の汚れであるステインを浮かして落とします。
・発泡剤・漂白剤・研磨剤・合成界面活性剤は使わず
・着色料・パラベンを使っていません。
・ハッカ油を使っているので、口臭対策にもなります。

価格 980円(税別)
特典 初回限定 2693円

30日間の返金保証付き。送料無料。定期縛り無し

はははのは の総評

値段から考えてもコストパーフォーマンスは最高ですね。
・研磨剤不使用
・ポリリン酸による汚れ落とし
・口臭対策も万全
継続購入の縛りもないので気に入らなければ即辞められるのも安心です。

 

★はははのは★の詳細はこちら

 

・薬用ちゅらトゥースホワイトニング

9877

商品名 薬用ちゅらトゥースホワイトニング
・研磨剤は使用していません。
・医薬部外品なので、効能を国が保証しています
・ボリアスパラギン酸配合で歯の黄ばみやステインを除去します。
・ビタミンCやリンゴ酸を配合で歯についた汚れを浮かして落とします
・GTO配合しているので、虫歯になりにくい歯を作ります
価格 5980円(税別)
特典 初回限定で 3980円(税別)

薬用ちゅらトゥースホワイトニング の総評

虫歯の人が多いと言われる沖縄で開発された歯磨き粉という事で評判は良いようです。
主要成分がリンゴ酸なので、ポリリン酸を主成分とする歯磨き粉より若干落ちるのでは?

★薬用ちゅらトゥースホワイトニング★の詳細はこちら

 

・薬用パールホワイトプロ

3869

商品名 薬用パールホワイトプロ
ポリリン酸、メタリン酸、リンゴ酸といったホワイトニング成分をフルに配合しています
研磨剤を使っていないのに数日で効果が出る・・という驚くべき結果
歯垢や口臭予防、虫歯予防にも効果あり
芸能人も多数愛用
歯茎の健康にも効果が報告されています。
価格 7980円(税別)
特典 初回限定 1980円(税別)

送料無料(4か月目以降)

デンタルケア商品を毎回プレゼント

薬用パールホワイトプロ の総評

ポリリン酸をメインに使っているので、ホワイトニングとしては期待できます。
事実、「使い始めて数日で歯が白くなった」・・という声も多い。
唯、金額が7980円というのが難点

★薬用パールホワイトプロ★の詳細はこちら

一番のお奨めは 「はははのは」です。

はははのは は、
実は金額もホワイトニング用の歯磨き粉です。
1か月 定価でも3341円で 定期購入なら2693円
歯科医院に通ったり、他のホワイトニング歯磨き粉より相当お得です。

その上、30日間の返金保証付き。
これって通販では意外と重要です。
ネットなので、現物が見れません。例え想像したものと違っても
キャンセルするのって大変です。
でも返金保証があれば、利用しなくても精神的に安心です。

勿論、ポリリン酸が主成分なので一押しです。
実はポリリン酸を使った歯磨き粉って意外と少ないのです。
安くて効果抜群なら、選ばない手はありません。

 

歯科医院とホワイトニング用歯磨き粉ってどう違うのでしょうか?

歯科医院でのホワイトニングは、歯の漂白+歯のクリーニングを同時に行います。
一方歯磨き粉では、歯のクリーニングしか行いません。
そして、歯科医院での治療の後も、アフターケアとしてホワイトニングジェルでの歯磨きを
半ば義務付けられるのです。
違いは、専門家による歯の漂白があるか無いか・・違いはココだけです。
勿論、専門家によるコンサルティングもありますが、大差は無いでしょう。
歯の漂白は、素人では出来ませんし、漂白剤(過酸化水素水)の使用は医療機関しか使えません。

しかし、歯そのものに問題のある患者さん以外は、無理して歯を漂白する必要はありません。
それに、漂白すればその時は歯が真っ白くなりますが長持ちはしません。
歯の白さを長持ちさせるには、毎日小まめにホワイトニングジェルで歯磨きするしかありません。
でも、皆一度白い歯を手に入れると、再び黄ばんだ歯にならない様に一生懸命歯磨きをします。
「その日に着いた歯の汚れはその日の内に落とす」
有名な歯科医(デンタルアーティスト)が言葉通りに皆さん行動されます。

実は、副産物もあります。
歯の白い人は、維持するために苦労しているので
虫歯、歯周病、口臭・・などで悩まないのです。
歯の白さを維持する事は、同時に口臭などの予防にも役立っているからです。
その為、虫歯や口臭予防の効果の高いホワイトニング用の歯磨き粉がお奨めなんです。